国内電子部品、アップル離れ加速か 期待弱まり…脱スマホ、IoT強化急ぐの記事に思う事

日本の電機業界は、デジタル化によるコモディティー化で、コストのみのグローバル競争に敗れ、苦戦を強いられてきました。
そんな電機業界にあって、電子部品業界は世界の成長分野で常に優位性を確保し、成長を維持して来ました。ビデオやカラーテレビで日本企業が圧倒的に強みを発揮した時代には、その部品をがっちりと確保し、こうしたAV関連が低調になると、新たな携帯電話市場でグローバルに圧倒的シェアーを確保し、世界シェアNO.1であったノキアなども一般電子部品は大部分が日本製で締められていました。
携帯電話からスマホの時代に変化すると、機器メーカーのシェアーはアップルがNO.1となりましたが、ここでもシェアをがっちりと抑えて来ました。
しかし、スマホの需要も一巡し、これに頼っていては成長が望めず、2016年の第4半期で大幅な減収減益になると、次の成長エンジンとしてIoTを見据え、その関連部品に開発資源をシフトし始めたのです。
日本の電子部品メーカーは、成長エンジンを次々に見出し、その対応部品で自社の成長を確保し、電機業界が低迷する中で頑張って来たのです。それを支える技術力は海外メーカーの追随を許さないほどの競争力を有しています。
こうした電子部品業界は、一般消費者が直接的に接する機会が無く、余り知られていませんが、まだまだ日本メーカーも捨てたものではないと言う事例としてもっと知ってもらいたいと感じますネ。お金を借りるとき!あなたが知らない3つのポイント!

最近のニュースを見ての将来の日本像

安部首相が一億総活躍と言ってから、毎年この時期保育園入園の可否により人生を左右される人が少なからず出ています。そして私もその一人として、日本しねとは言いませんが、このままでは必ず日本は破綻すると思います。現在超高齢社会なのに、国を支える働き盛り、将来支えて貰う子供達にとってとても住みにくい社会になっていってると思います。医療技術の進歩で、国民の寿命が伸びるのは喜ばしい事ですが、それに伴い高齢者による事故や老害で、幼い子供の命が奪われたり、働き盛りの人が過労死するニュースが増えているのは、日本の将来に不安が増すと思います。国民一人一人がもっと思いやりを持って行動しないと、どの世代にとっても幸せには暮らせないと思います。政府も色々議論して考えてはいると思いますが、いざ政策として決定する事はいつも的外れだと思います。根本的な解決策を出さないと何も解決しないのに、いつもその場しのぎでやり過ごした結果が今の日本の情勢だと思います。私は、どの問題も、根本的な所を解決するのが一番の近道だと思います。もちろんそれには莫大な費用、労力等かかると思いますが、問題解決にはそのリスクを惜しんだらいけないと思います。国民の幸福を考えなければ、この先更に自分自身の事しか考えない人が増え、未婚、少子化、老齢化するだけだと思います。モビット審査

お弁当を持って行く事で節約になっています

私の節約方法は会社にお弁当飲物を持って行く事です。
以前はコンビニでお弁当を買ったり外食をしたりしていたのですが、ランチにかかるお金が勿体ないと感じるようになりお弁当を持っていくようになりました。
お弁当を持っていかなかった時は、ランチだけで1か月に1万円は使っていたと思います。
お弁当は前の日の夕食の残りを入れたり、冷凍食品を利用したりしているので、作る時間もあまりかかりません。
会社には休憩が出来るスペースがあるので、そこでいつもお弁当を食べています。
お弁当を持ってきている人も多いので、お弁当を食べながら社内の人とコミュニケーションをとる事も出来るようになりました。
社内にはドリンクの自動販売機もあるのですが、毎日水筒にお茶を入れて持って行っているので会社でお金を使う事はなくなりました。
以前は会社に行く度にランチ代とドリンク代がかかっていたのですが、今はお財布を開ける事がほとんどなくなりました。
お弁当を持って行く、水筒を持って行くという少しの手間で大分節約になっていると思います。
お弁当を作る事によって浮いたお金は全額貯金に回しています。
毎日の少しの手間で少しずつでも貯金が出来るようになり、とても嬉しいです。銀行カードローン 審査 在籍確認

自分の持っているものと向き合う

私が節約のためにしていることは、とにかく自分の持ち物を見つめ直すということです。何も意識しないで生活しているとものはどんどん増えていきます。必要なものだったら良いですが、「いつか使うから…」「買った時、高かったから捨てるのはもったいない」と思ってしまい、使い道がないのにものばかり持っているということがあります。

捨てれないから、と何でもとっておくと限りある収納スペースも埋まってしまいますし、何をもっているか把握出来ていないため、似たようなものを買ってしまったり、過剰にストックを用意してしまい、結果的に浪費に繋がってしまいます。「もったいない」という気持ちをなくすのは難しいですが、捨てるのに抵抗のある高価だった商品はフリマサイトや、リサイクルショップで販売してみる。服や靴など一年以上出番がなかったものはこれからも出番はありません。それなので思い切って捨てる。私はケチなので、ゴミとして捨てるのがもったいないと思ってしまうので、服など布類はザクザクに切ってぼろ布や雑巾として使用しています。ティッシュペーパーや、掃除用具の節約にもなりますし、一役買ってから捨てれるので後悔せずに処分することができます。もののない生活こそが節約の第1歩です。お金借りる

急に金欠にならにように普段から貯金しておくとよい

急に手持ちのお金が足らなくなり金欠になった時に備えてふだんから貯金することに心がけることが肝要です。急にまとまったお金が必要になったとき、貯金を取り崩せばお金に心配することにはならなくなってきます。

金欠にならないように生活費を見直すことも必要です。なるべく無駄になるものを買わないことも経費の節約になります。必要以上のものを買わないことが節約になります。よくカード支払いで買い物をする人が余分な物を買ってしまうことがあるようです。余分なものを買ってしまうと後々支払が大変です部屋も散らかってしまい、自分の居場所が無くなってしまうようなことにもなりかねません。そのためにもカードでの買い物は計画的すべきです。

経費の節約のことについてですが、光熱水費の見直しを行う事でもかなりの節約になります。無駄に電気、水道を使わないようにすることです。水の流しっぱなしや、誰もいない部屋での電気の点けっぱなしはやめるべきですし、待機電力のついているものは、すぐ使わないのなら元から切っておくべきです。また通信費も必要なものだけで、契約すべきです。あまり使わないものは契約から外すことで経費の節約になります。

普段から経費の節約を心がけて浮いた経費を貯金に回して、急に金欠になった時に備えておくことが、金欠になった時に対応できるのだと思います。

三井住友銀行カードローン 審査落ち

学生時代金欠を乗り切るために行った食事

学生時代、本当に無駄なお金を使ってしまい、月の初めに生活費がほとんどなくなってしまい食べる物も買えない時がありました。

1か月食費を5000円以下で乗り切るにはどうしたらいいかばかりを考えたりしていました。

具体的に行った方法は、まず調味料と炭水化物は業務用スーパーなどで事前にキロ単位の物を買出しをしておく必要があります。

米、小麦、白米は格安の物をまとめ買いし、その後は小麦粉、スパゲッティ、白米を飽きないようにループさせるために味を様々にアレンジをしながら料理をします。炭水化物の三種類に共通で使える調味料とレトルトをうまく組み合わせて飽きのこない食生活をする事で、3ヶ月は余裕で乗り切れます。また残った調味料はその後にも利用できますので一石二鳥ですね。

私が繰り返し作っていた具体的な節約メニューは、ボンゴレ用の缶詰1缶をご飯3合の炊き込み御飯です。

作り方も簡単。ボンゴレ(キノコなどものいい)の缶詰やレトルトパックを、お米を炊くとき最初に入れます。その後、3合用に水のラインまで水を足します。そして炊くだけです。最初は少し硬くなる場合がありますが、そのまま二度炊きをすれば問題なくできます。炊きあがるとパエリアのようなご飯になります。これをそれぞれ握り飯にしたりパルメザンチーズをかけて食したりします。お米3合にレトルト(100円程度)ですから、1合ずつ一食べても50円程度。コンビニで食べる10分の1くらいで済みます。

キノコのソースは麺で食べる場合は麺つゆで引き伸ばし300gの麺用にまで増産します。トマトソースはケチャップとマヨネーズで増産。ご飯の場合はチキンライスもどきにします。麺と米に飽きたときは、小麦粉でお好み焼きもどきを卵とキャベツだけ買ってきて作ります。一人暮らしだとキャベツ一玉で相当な量になります。

大切なのは調味料を格安で豊富に揃えておけばとても安上がりにできるということです。私が揃えていたのは、キロ単位で売っている、マヨネーズ、ケチャップ、中濃ソース、塩こしょう、麺つゆ、鰹節、パルメザンチーズです。一人暮らしだとコンビニ等でかなり割高なものを買ってしまう傾向がありますが、業務用スーパーなどで大きなものを買えばそんなにすぐにダメにはならないので、かなりの期間活躍すると思います。現在はそんな経験を生かし家族の食生活にもそんな節約方法を取り入れて乗り切っています。三井住友銀行カードローン 審査

どんぶり勘定の私が実戦してる方法

とにかく大雑把な性格なのでなかなか家計簿などがつけられません。さあ今度こそなんて思っても、結局三日坊主で終わっています。そんな私ここ一年ほど実戦している節約術としては一週間に一万円食費として小袋に入れています。日付を書いてその中の一万円でやりくりするようにしています。なかなか一週間一万円はお弁当を三人分、育ち盛りの子供たちを抱えているととても無理なところなのですが、もしその週が一万円で足りないと次の週のお金を前借しています。そのようにしていくと五週目は七日間あることはないので、一万円だとかなり余る場合がありますので、その週で帳尻を合わせるようにしています。それでも我が家の場合足りない場合があります。その場合は最終週の食事がとても質素になります。そのようにするほかやりようにないのが現実です。もしくはどうしても買わなければならないものがある場合はカードで支払うようにしています。カードだと翌々月払いになるので、なんとかそれでやりくりするようにしています。カード払いといってもむやみやたらに買うと支払いに困るので極力最小限度にしています。通帳にはだいたい毎月一万円程度の予備を入れています。なので数千円以内ならカード払いも可能になっています。今まではどんぶり勘定だったので、給料全部使い果たしていた感がありますが、ざっくりその週で使う金額が決まっていると節約に役立ちます。バンクイック 審査基準

日銀のインフレ政策は明らかに失敗だと思います

株価上昇に対してそんなに景気回復を実感しないというのは、株と景気は連動するものとの思い込みがあるからでしょう。

株価はやろうと思えば適当に操作できます。公的機関の米FOMCや日銀などはやっていいことになっています、とまでは言いませんが彼らのやっていることはほとんど為替操作や株価操作に等しいのではないかと思うのですが。

ですから景況感と株価が一致しなくても特に不思議ではありません。日本の場合は3年前に始まったアベノミクスがそろそろ頭打ちになってきているのですがその一番の原因は125円以上の円安へ進まなくなってしまったことでしょう。

今年の前半には140円まであると予想した有名アナリストがいましたが、今そんなことを言う人は殆どいません。1ドル125円が天井だとすると今後は110円辺りまで下がりそうだとかそういう話なので、そうすると円安で今年の企業業績は上方修正でしょうが来年円高に振れると今度は下方修正ってことにもなりかねません。

企業は儲かっても賃金が上がらないので消費が伸びず3年も金融緩和しているのに統計上はデフレ化しているという驚くべきことになっています。

現状のインフレ率を見る限り日銀総裁は責任を取って辞任を申し出てもおかしくない立場にある言っても過言ではないでしょう。

2、3年前にもし金融緩和してインフレ率2%が達成できなければその時は辞めてやると自信ありげに発言していた日銀関係者がいたのが思い出されますが、今その方はどうしているのでしょう。みずほ銀行カードローン 審査

お金に困ったら病気にならない対策をする

お金に困ったときは病気にならないようにいつも以上に自分の健康に気を遣っています。自分の健康だけじゃなく家族の健康にも気を遣って、ちょっと体調がおかしそうな家族がいたら早めに休養してもらいます。

やっぱり医療費って高いです・・・。病気になっても寝ていればそのうち元気になるならいいですが、そういう病気ばかりではありません。寝ていたら病気が悪化してしまったという経験をしてから、病気がひどくなる前になんとなく体調が普段と違うかな~くらいの時に休養してもらいます。

もちろんわたし自身も同じように体がだるいとか、なんとなくやる気が出ないとか、のどがいがいがするときは早めに休んでいます。夜の10時であろうとその時間に寝られそうなら余計なことをしないでどんどん寝ます。

朝早く目が覚めて気分が良くなっていれば病院へ行く必要がありません。医療費というのは本当に馬鹿にできないのです。自分一人分の医療費でも困るというのに、それが家族分ともなると考えただけでめまいがしてきます・・・。とにかくお金に困ったときは健康でいることを心がけています。

家族みんなが健康で働ける人がきちんと働くことで、お金の悩みはだいたい解決するのです。プロミス 審査

てっとり早くお金を貯めるには?

お金の悩みというのは、ほとんどの人が常に持っているものだと思います。生活費が足りないとか、欲しいものがあるとか、おいしいものが食べたいとか、旅行に行きたいとか…世の中のほとんどの事は、お金が関係していますね。万が一事故や病気などになってしまった時でも、やはり助けてくれるのはお金です。そんな人生においてとても大切なものであるお金を、少しでも多く貯めるにはどうしたらいいのでしょうか。

・なるべく無駄遣いをしない

基本中の基本ではありますが、これが一番大切です。たとえ給料が少ない人でも、これができている人は少なからず貯金ができているはずです。いつもお金がない、お金がないと言っている人は、本当に無駄遣いをしていないかよく考えてみてください。何かを買う時でも、「これは本当に必要なものか?」「これよりももっと安い商品はないか」と常に自分に問いかけてください。

・外食を控える

これもかなり重要です。外食ばかりしているとお金が貯まりません。月に一回だけ、などきちんと決めている方ならば問題ありませんが、「思い立ったら食べに行く!」なんてやってる人は注意です。外食は高いです。やめましょう。

また、外食ばかりしていると栄養のバランスも悪くなります。栄養バランスが悪くなるということは、それだけ体の調子も悪くなってしまうということです。それが原因で病気になり、病院に行かなければならなくなった、となれば当然お金がかかりますね。貯金できるわけがありません。

・節約を心がける

さんざん言われてはいますが、使わない部屋の電気は消す、歯磨き中に水を出しっぱなしにしない、冷蔵庫を開けっ放しにしないなど些細なことでも、繰り返していけばかなりの金額です。地球にも優しいので心がけていきましょう。

いきなり生活習慣を変えることは難しいかもしれません。ですが、少しずつでもいいのでこれらのことを心がけてください。通帳を眺めてニヤニヤできるようになれればあなたも立派な貯金マスターです。ぜひ頑張ってみてくださいね。即日キャッシング 無審査