ライフスタイルによって異なる節約方法

お金がない!これはどういう状態かというと、収入よりも支出が上回ってしまっている状態だ。

家計においては、固定費というのは年間通して大幅には変わらない。月によってうごきやすいのは、使途不明金。すなわち、何に使ったかわからないお金だ。

コンビニでついつい買ってしまうとアイスコーヒー。ついでに買うお供のお菓子。ランチ代。セールだからと買う洋服。これらは、なんの意思も無く使ってしまういわば、死金です。そして、月末には入っていると思っていたお金が入っていない。でも、なんの意思も無く使っている為、何を買ったのかも思い出せない。これでは、負のルーティンにハマったままです。

節約方法として有効な方法が二つ。

1.日記を書く。

書く事によって自我というものに意識がいきます。続ける事によって自分の欲求がクリアに見えてくるので、ムダ買い、ムダ食いを抑制する事が出来ます。そして書くという行為はストレスの発散にもなるので、ストレス買いも無くなるでしょう。

2.断捨離をする

兎角私達は、絶えずモノを購入し続けるという刷り込みがインプットされています。しかしモノはそんなにも必要ではないのです。断捨離をしていくと自分に必要なモノ、そうではないモノ。好きなモノ、嫌いなモノが分かってくるのでモノを見極める力がつき、ムダ買いが無くなるでしょう。

小さな金額を我慢してストレスを溜めながら節約するより、ライフスタイルや考え方を変える事によって得られるストレスフリーの節約の方がより有効な方法ではないだろうか。

オリックス銀行カードローン 審査

消費税を上げる上での低減税率の検討は?

消費税が8%に上がってから庶民の生活は苦しくなりました。毎日の買い物のたびに、出て行くお金が気になります。倹約に努めていますが、たとえばお米5kgというように、どうしてもまとまった金額になるものを買う時には、消費税が5%から8%に上がった重みを実感します。

この後、政府は消費税を10%にまで引き上げると予定していますが、その際に併せて行うとしている低減税率についての検討はどうなっているのでしょうか。国会は安保法案のことばかり。もちろん大切なことだと思いますが、延長された会期が実りある議論になっていないため、時間が空費されている感じです。

このまま、参議院の60日規定に持ち込むつもりなのかもしれません。そうなったら、安保法案も通る、その間、何も具体的なことは議論が進んでいません。低減税率は行わず、等しく10%に上げますということにならないかが心配です。

安保に反対している人たちは、生活に困っていないのかもしれません。しかし、困っている人間は、生活に密着した政策の実施を望んでいます。天下国家を抽象的に論じる政治には、もう嫌気がさしました。現在の政権は、首相が生まれついてのお金持ちだから、生活に困る庶民の生活が分からないのでしょうが、庶民は本当に困っています。新幹線の焼身自殺に象徴される通りです。低減税率の議論を始めてほしいと思います。総量規制対象外のカードローンならバンクイック審査でお金を借りた方が確実です。

モビットで安心のおまとめローンの一本化を!

おまとめローンとは、複数社のローンやクレジットをかかえている人が、それらをまとめて金利を低くしたり、支払い利息を少なくすることができるという、とても便利で有利なローン一本化をいいます。

おまとめローンなメリットとしては、何件かの高い金利のローンを、より低い金利のローンに一本化することで、月々の返済額、そして総返済額が軽減されます。また、おまとめローンによって金利が低くなる分、月々の返済のうち元本の返済に割り当てられる金額が増えるため、元本が減るスピードが速くなることにより、借金完済も速くなるというメリットがあります。

また、複数社への返済をしていると、支払い日や支払い額の管理が大変ではないでしょうか。他社への返済が多くなるにつれて、借金の総額や、返済日もわかりずらく自転車操業になりやすくなります。おまとめローンをすることにより、返済日と金額が一定になり、月々の管理も簡単になることで、残金と返済額をはっきりできるため、長期的なマネープランが立てやすくなり精神的な負担から解放されるのではないでしょうか。

おまとめローンのデメリットとしては複数他社への借り入れが多く多重債務になってしまっている場合は、金融機関は、貸し倒れリスクが高いと判断し高い金利での貸し付けとなり、結局金利が高くなってしまうということもあり、最終的に金利が高くなってしまった場合はたとえ他のメリットがあるとしてもおまとめローンは失敗であるといえます。

また、おまとめローンをするとわ融資金で消費者金融等の現在の借金を返済します。その時に通常利息制限法によるひきなおし計算はされないためこちらもデメリットのひとつです。なぜならば、利息制限法によるひきなおし計算によって借金を減らしたり、逆に過払い金を取り戻したりできる場合があってもおまとめローンんでは、金利にもとづいた計算での残額を全額支払ってしまうため、減額や過払い金変換の機会を失ってしまうことになります。完済後に過払い金請求はできますが、完済前にはなかった司法書士や弁護士への成功報酬の支払いが発生します。

おまとめローンを申し込みする場合に注意することとしましては、審査の基準となることがいくつかあります。審査におちる理由としてあげられるのが、勤続年数、ブラックリスト、申し込みブラック、他社への借り入れ件数があげられます。

勤続年数とは、どのくらいの期間会社に勤めているか、という勤続年数も重要視されます。金融会社では最低ラインとして、3ヶ月未満や6ヶ月未満はだめだと設定しているところが多いようです。勤続年数が1年から五年未満の場合の評価は普通ですので申し込みのタイミングはよい時期を選びましょう。

次にブラックリストとしては、主に3ヶ月以上返済が遅れている人や、自己破産などの法的処理が行われた人のことをいいます。

ブラックリストに掲載されているかどうかは自分でも調べることができるので、申し込み前に1度確認しておくとよいでしょう。

また、申し込みブラックとしては、短期間の間に連続して複数社の申し込みをした場合、申し込みブラックとして掲載されてしまいます。審査担当者が複数社への申し込みをしていると確認した場合この人はとてもお金にこまっていると判断され、審査がとおりにくくなってしまいます。他社への借り入れ件数も複数社あるよりも一本化されているほうが信用度があがります。

しっかりとおまとめローンの計画をたて人生の再計画をたてるためにもおまとめローンを検討してはいかがですか。モビットでは、数ある金融会社でも安心して借り入れができる金融会社です。モビットでの審査を通り借り入れの一本化をはかることで、安心した返済計画をたてましょう。

>>消費者金融の審査で勤務先への在籍確認が嫌な人へ

カードローンは限度額に注意

カードローンを組みたいと思っている方は、まず限度額を決めていく必要があります。自分が現在必要としているお金を限度額として設定する人もいますし、今後のことも考えてできるだけ高い限度額を設定する人もいます。

基本的に限度額の最大の目安としては年収の3分の1です。これは総量規制と呼ばれる制度で、お客様が借りたいからといって限度なく貸すことはできません。そのため、年収の3分の1を目安と設定する人も多いです。

しかし、年収の3分の1はあくまでも総量規制の中でも最大の借り幅ですので、勤務年数が短いなどの場合は審査が通らないこともあります。他のローンなどもある場合も通らない可能性は十分考えられます。

審査が通らないとお金は1円も借りることはできませんので、できるだけ限度額は低く設定をして審査を確実にクリアすることも大切になってきます。

お勧めの方法としては、大手のカードローンでは基本的に審査は何度でも受けることができますので、できるだけ多くの限度額を獲得したい方は、最初は年収の3分の1で審査を受けて、無理であれば徐々に下げていくという方法です。これであれば自分の最大の限度額を借りることができるのでお勧めの方法です。

総量規制とはどう言うものか

消費者金融業でお金を借りる時に、思った程、あまり多くの金額を借りれなかった場合は、まずは、総量規制の対象とする希望利用限度額を超えていないか確認する必要があります。

消費者金融業は、賃金業者です。この賃金業者が、お金を貸しつけする時に、年収の3分の1を超えては貸してはいけない規制があるので、まずは自分の年収と比較して計算してみると良いでしょう。

総量規制と言うのは1990年頃に、大蔵省から行われた行政指導の1つです。バブル時代と不景気との関連で、貸し出し過ぎて、多く借入過ぎた個人の人が、債務整理を行う人が予想以上に増加してしまい、今後そうならないためにも、その対策手段として考えられたのが、総量規制です。

きっと、借入する金額に対して誰でもたくさん借りれる業務基準に、歯止めを掛けたのでしょう。

総量規制は、賃金業者の企業だけが規制の体操となるので、それは消費者金融業の企業が行われる業務であるのです。

個人が借入をしても駆り過ぎない様に、事前にストップをかける為に行われているので、それを守らないと、何らかの処罰を企業側が受ける事になりますので、隠れてあなただけ特別にとか、誰にも内緒で秘密でこっそり化してあげますという上手い話はありえ無いでしょう。

学生でも借りれるんですよ

大きなデパートなどに行くと多くの人がカードローンの申し込みをしていたり、勧誘いたりする事がありますが、こうしたキャンペーンを利用して学生がカードローンを利用したいと思っても審査に落ちてしまうことがほとんどです。

特にデパートなどは信販系と呼ばれるカードになっていて、審査基準も高く設定されているため、学生の場合には収入も少なく、正社員ではないので、このような部分で審査に落とされてしまうことがほとんどになっています。

しかし学生でもお金を借りたいと思うことはたくさんありますよね。

月々の生活が苦しいのはもちろん、例えば社会人になってしまった時、忙しくて時間がなくなるため、学生のうちに親孝行がしたいと思ったりする時にもお金が必要になります。

親孝行するために両親わ旅行に連れていったり、プレゼントを買ってあげたいと思っても、アルバイトで稼いだお金だけでは足りないこともあるでしょう。

どんな理由であれ学生がお金を借りたいと思ったときに貸してくれる会社はどこにあるのかを考えてみると、もちろん全国にありますが、最も良いのは多くの学生が利用している学生ローンになります。

大学や専門学校などに通っていてアルバイトをしていれば借り入れをすることができるので、親孝行がしたいと思った時やどうしても欲しいものがあるなどと言った時にも利用できます。

みずほ銀行カードローンについて

広告やテレビCMが少ないので知らない方が多いかもしれませんが、みずほ銀行の発行しているカードローンは、高限度額(10~1,000万円)、低金利(4.0~14.0%)で有名です。

どうせ借りるのなら、限度額は高く、金利は低いほうがいいですよね。ということで、今回はみずほ銀行カードローンのことをいろいろ調べてみました。

公式ホームページの情報だけではわからないことって多いんですよね。

今回、インターネット上にない情報は、電話で問い合わせて調査していますので、わかりやすい内容になっていると思います。

また、金利、限度額、スピードなど、全9項目について競合ローンのスペックと比較し、みずほ銀行カードローンの長所、欠点を検証しました。今回は、欠点についてもきちんと紹介しています。

途中、「みずほ銀行カードローンをおすすめできるのはどんな方か?」私なりに分析していますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

みずほ銀行カードローンは、その名の通りみずほ銀行が運営しているカードローンサービスです。

低金利・高限度額の銀行らしいカードローンなのですが、仕組みの複雑さがネックとなっています。

2種類のカードがあり、それぞれ使える機能や「申込みから融資までの時間」が違う

インターネットバンキングサービス「みずほダイレクト」に加入しているかどうかで使える機能が違う

このように条件によって細かいルールが変わるので、とても複雑な仕組みになっているのです。

利用条件は、安定した収入のある20歳以上66歳未満の方であること。安定収入があるなら、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも問題なく申込めます。

また配偶者に収入があれば、自身の収入のない専業主婦も申込み可能です。

銀行カードローンなので総量規制の対象外です。借入額が年収によって制限されることはありません。

どういう審査基準があるのか

カードローンを申し込んで審査待ちがあります。割合に30分以上待たされることがあるので、審査が長く感じて、その間はとても不安になりますが、審査基準はどういったものがあるのか知ることで不安は解消されるでしょう。

審査基準には、色々な種類がありますが、まずは年齢の条件がクリア出来ているかどうか、そして安定した収入があって借入しても返済を毎月行っていけるのかどうか、そして金融企業で他にも借入は無いかどうかと言うのが審査の基準となります。

これは、貸付しても返済能力があるかどうかと言うのが全ての条件となるのです。年齢が若すぎたり、もしくは高齢すぎて、返済能力が元々ない人には貸し出しできません。

そして安定した収入が無いのなら、今月は返済できそうだけれど、来月は返済が出来そうにないっと言う不安定な人には、返済能力がないとみなされるのです。だから毎月決めた約定返済を守ってきちんと返済が出来るかどうかを判断されます。

そして他社には借入がないかどうかというのは、消費者金融業や信販は、総量規制と言う年収の3分の1以上は貸してはいけないという賃金業法の規制があるので、他社と合わせた合計を確認しているのです。

そして他社の借入が余りにも多いと、返済能力が低く査定されます。これは元々収入が多い人でも、他社で借入返済をしているので、他の支払いが多いので、返済する能力が低いという風に見られるのです。

このように審査基準は、今の時点で収入が安定していても、他社で借入が多くないかを見て、収入があるが継続して安定した収入を得て、返済していける人なのかを判断するのです。

カードローン申込審査で必要な書類

手軽に借入をしている企業はありますが、それでも申込時に、必要な書類はあります。その必要な書類が無ければ、まず審査が受け付けれないのです。

お金を借りる企業に対して、本人の証明をしなければ、お金を借りる事は不可能なのです。それは、本当に本人かどうか確認する為なのでしょう。

そんなカードローンなどの借入の申込で必要な書類と言うのは、身分証明証であると言えます。

身分証明証は、1番理想的なのは、運転免許証ですが、無ければ、健康保険証もあります。他には、パスポートや、住民票や、印鑑証明書や、公共料金の支払い済みの領収書などがあります。不安ならば、幾つも持って行っても良いでしょう。

そして、50万円を超えた借入の申込の場合であったり、高額の借入申込の場合であれば、収入証明証が必要な場合もあるのです。

その収入証明証は、確定申告書や、所得証明書や、納税証明書や、税額通知書や、源泉徴収票や、2か月分の給与明細書などがあります。

年収を見るためなので、それが解るものならば、1種類だけでも良いですし、不安であるのなら、幾つも持って行って良いと思います。

そして、銀行のカードローンで、専業主婦の人が配偶者貸付をする場合には、本人の身分証明書や、配偶者の同意書が必要となります。他には住民票や、戸籍抄本など、夫婦であると言うものが解る書類が必要です。他には、配偶者の年収の証明証が必要となります。

このような書類は、事前に何が必要か問い合わせをしてから、準備をすると手堅いでしょう。