どんぶり勘定の私が実戦してる方法

とにかく大雑把な性格なのでなかなか家計簿などがつけられません。さあ今度こそなんて思っても、結局三日坊主で終わっています。そんな私ここ一年ほど実戦している節約術としては一週間に一万円食費として小袋に入れています。日付を書いてその中の一万円でやりくりするようにしています。なかなか一週間一万円はお弁当を三人分、育ち盛りの子供たちを抱えているととても無理なところなのですが、もしその週が一万円で足りないと次の週のお金を前借しています。そのようにしていくと五週目は七日間あることはないので、一万円だとかなり余る場合がありますので、その週で帳尻を合わせるようにしています。それでも我が家の場合足りない場合があります。その場合は最終週の食事がとても質素になります。そのようにするほかやりようにないのが現実です。もしくはどうしても買わなければならないものがある場合はカードで支払うようにしています。カードだと翌々月払いになるので、なんとかそれでやりくりするようにしています。カード払いといってもむやみやたらに買うと支払いに困るので極力最小限度にしています。通帳にはだいたい毎月一万円程度の予備を入れています。なので数千円以内ならカード払いも可能になっています。今まではどんぶり勘定だったので、給料全部使い果たしていた感がありますが、ざっくりその週で使う金額が決まっていると節約に役立ちます。バンクイック 審査基準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です