モビットで安心のおまとめローンの一本化を!

おまとめローンとは、複数社のローンやクレジットをかかえている人が、それらをまとめて金利を低くしたり、支払い利息を少なくすることができるという、とても便利で有利なローン一本化をいいます。

おまとめローンなメリットとしては、何件かの高い金利のローンを、より低い金利のローンに一本化することで、月々の返済額、そして総返済額が軽減されます。また、おまとめローンによって金利が低くなる分、月々の返済のうち元本の返済に割り当てられる金額が増えるため、元本が減るスピードが速くなることにより、借金完済も速くなるというメリットがあります。

また、複数社への返済をしていると、支払い日や支払い額の管理が大変ではないでしょうか。他社への返済が多くなるにつれて、借金の総額や、返済日もわかりずらく自転車操業になりやすくなります。おまとめローンをすることにより、返済日と金額が一定になり、月々の管理も簡単になることで、残金と返済額をはっきりできるため、長期的なマネープランが立てやすくなり精神的な負担から解放されるのではないでしょうか。

おまとめローンのデメリットとしては複数他社への借り入れが多く多重債務になってしまっている場合は、金融機関は、貸し倒れリスクが高いと判断し高い金利での貸し付けとなり、結局金利が高くなってしまうということもあり、最終的に金利が高くなってしまった場合はたとえ他のメリットがあるとしてもおまとめローンは失敗であるといえます。

また、おまとめローンをするとわ融資金で消費者金融等の現在の借金を返済します。その時に通常利息制限法によるひきなおし計算はされないためこちらもデメリットのひとつです。なぜならば、利息制限法によるひきなおし計算によって借金を減らしたり、逆に過払い金を取り戻したりできる場合があってもおまとめローンんでは、金利にもとづいた計算での残額を全額支払ってしまうため、減額や過払い金変換の機会を失ってしまうことになります。完済後に過払い金請求はできますが、完済前にはなかった司法書士や弁護士への成功報酬の支払いが発生します。

おまとめローンを申し込みする場合に注意することとしましては、審査の基準となることがいくつかあります。審査におちる理由としてあげられるのが、勤続年数、ブラックリスト、申し込みブラック、他社への借り入れ件数があげられます。

勤続年数とは、どのくらいの期間会社に勤めているか、という勤続年数も重要視されます。金融会社では最低ラインとして、3ヶ月未満や6ヶ月未満はだめだと設定しているところが多いようです。勤続年数が1年から五年未満の場合の評価は普通ですので申し込みのタイミングはよい時期を選びましょう。

次にブラックリストとしては、主に3ヶ月以上返済が遅れている人や、自己破産などの法的処理が行われた人のことをいいます。

ブラックリストに掲載されているかどうかは自分でも調べることができるので、申し込み前に1度確認しておくとよいでしょう。

また、申し込みブラックとしては、短期間の間に連続して複数社の申し込みをした場合、申し込みブラックとして掲載されてしまいます。審査担当者が複数社への申し込みをしていると確認した場合この人はとてもお金にこまっていると判断され、審査がとおりにくくなってしまいます。他社への借り入れ件数も複数社あるよりも一本化されているほうが信用度があがります。

しっかりとおまとめローンの計画をたて人生の再計画をたてるためにもおまとめローンを検討してはいかがですか。モビットでは、数ある金融会社でも安心して借り入れができる金融会社です。モビットでの審査を通り借り入れの一本化をはかることで、安心した返済計画をたてましょう。

>>消費者金融の審査で勤務先への在籍確認が嫌な人へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です