ライフスタイルによって異なる節約方法

お金がない!これはどういう状態かというと、収入よりも支出が上回ってしまっている状態だ。

家計においては、固定費というのは年間通して大幅には変わらない。月によってうごきやすいのは、使途不明金。すなわち、何に使ったかわからないお金だ。

コンビニでついつい買ってしまうとアイスコーヒー。ついでに買うお供のお菓子。ランチ代。セールだからと買う洋服。これらは、なんの意思も無く使ってしまういわば、死金です。そして、月末には入っていると思っていたお金が入っていない。でも、なんの意思も無く使っている為、何を買ったのかも思い出せない。これでは、負のルーティンにハマったままです。

節約方法として有効な方法が二つ。

1.日記を書く。

書く事によって自我というものに意識がいきます。続ける事によって自分の欲求がクリアに見えてくるので、ムダ買い、ムダ食いを抑制する事が出来ます。そして書くという行為はストレスの発散にもなるので、ストレス買いも無くなるでしょう。

2.断捨離をする

兎角私達は、絶えずモノを購入し続けるという刷り込みがインプットされています。しかしモノはそんなにも必要ではないのです。断捨離をしていくと自分に必要なモノ、そうではないモノ。好きなモノ、嫌いなモノが分かってくるのでモノを見極める力がつき、ムダ買いが無くなるでしょう。

小さな金額を我慢してストレスを溜めながら節約するより、ライフスタイルや考え方を変える事によって得られるストレスフリーの節約の方がより有効な方法ではないだろうか。

オリックス銀行カードローン 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です