どういう審査基準があるのか

カードローンを申し込んで審査待ちがあります。割合に30分以上待たされることがあるので、審査が長く感じて、その間はとても不安になりますが、審査基準はどういったものがあるのか知ることで不安は解消されるでしょう。

審査基準には、色々な種類がありますが、まずは年齢の条件がクリア出来ているかどうか、そして安定した収入があって借入しても返済を毎月行っていけるのかどうか、そして金融企業で他にも借入は無いかどうかと言うのが審査の基準となります。

これは、貸付しても返済能力があるかどうかと言うのが全ての条件となるのです。年齢が若すぎたり、もしくは高齢すぎて、返済能力が元々ない人には貸し出しできません。

そして安定した収入が無いのなら、今月は返済できそうだけれど、来月は返済が出来そうにないっと言う不安定な人には、返済能力がないとみなされるのです。だから毎月決めた約定返済を守ってきちんと返済が出来るかどうかを判断されます。

そして他社には借入がないかどうかというのは、消費者金融業や信販は、総量規制と言う年収の3分の1以上は貸してはいけないという賃金業法の規制があるので、他社と合わせた合計を確認しているのです。

そして他社の借入が余りにも多いと、返済能力が低く査定されます。これは元々収入が多い人でも、他社で借入返済をしているので、他の支払いが多いので、返済する能力が低いという風に見られるのです。

このように審査基準は、今の時点で収入が安定していても、他社で借入が多くないかを見て、収入があるが継続して安定した収入を得て、返済していける人なのかを判断するのです。