カードローン申込審査で必要な書類

手軽に借入をしている企業はありますが、それでも申込時に、必要な書類はあります。その必要な書類が無ければ、まず審査が受け付けれないのです。

お金を借りる企業に対して、本人の証明をしなければ、お金を借りる事は不可能なのです。それは、本当に本人かどうか確認する為なのでしょう。

そんなカードローンなどの借入の申込で必要な書類と言うのは、身分証明証であると言えます。

身分証明証は、1番理想的なのは、運転免許証ですが、無ければ、健康保険証もあります。他には、パスポートや、住民票や、印鑑証明書や、公共料金の支払い済みの領収書などがあります。不安ならば、幾つも持って行っても良いでしょう。

そして、50万円を超えた借入の申込の場合であったり、高額の借入申込の場合であれば、収入証明証が必要な場合もあるのです。

その収入証明証は、確定申告書や、所得証明書や、納税証明書や、税額通知書や、源泉徴収票や、2か月分の給与明細書などがあります。

年収を見るためなので、それが解るものならば、1種類だけでも良いですし、不安であるのなら、幾つも持って行って良いと思います。

そして、銀行のカードローンで、専業主婦の人が配偶者貸付をする場合には、本人の身分証明書や、配偶者の同意書が必要となります。他には住民票や、戸籍抄本など、夫婦であると言うものが解る書類が必要です。他には、配偶者の年収の証明証が必要となります。

このような書類は、事前に何が必要か問い合わせをしてから、準備をすると手堅いでしょう。