総量規制とはどう言うものか

消費者金融業でお金を借りる時に、思った程、あまり多くの金額を借りれなかった場合は、まずは、総量規制の対象とする希望利用限度額を超えていないか確認する必要があります。

消費者金融業は、賃金業者です。この賃金業者が、お金を貸しつけする時に、年収の3分の1を超えては貸してはいけない規制があるので、まずは自分の年収と比較して計算してみると良いでしょう。

総量規制と言うのは1990年頃に、大蔵省から行われた行政指導の1つです。バブル時代と不景気との関連で、貸し出し過ぎて、多く借入過ぎた個人の人が、債務整理を行う人が予想以上に増加してしまい、今後そうならないためにも、その対策手段として考えられたのが、総量規制です。

きっと、借入する金額に対して誰でもたくさん借りれる業務基準に、歯止めを掛けたのでしょう。

総量規制は、賃金業者の企業だけが規制の体操となるので、それは消費者金融業の企業が行われる業務であるのです。

個人が借入をしても駆り過ぎない様に、事前にストップをかける為に行われているので、それを守らないと、何らかの処罰を企業側が受ける事になりますので、隠れてあなただけ特別にとか、誰にも内緒で秘密でこっそり化してあげますという上手い話はありえ無いでしょう。