カードローンは限度額に注意

カードローンを組みたいと思っている方は、まず限度額を決めていく必要があります。自分が現在必要としているお金を限度額として設定する人もいますし、今後のことも考えてできるだけ高い限度額を設定する人もいます。

基本的に限度額の最大の目安としては年収の3分の1です。これは総量規制と呼ばれる制度で、お客様が借りたいからといって限度なく貸すことはできません。そのため、年収の3分の1を目安と設定する人も多いです。

しかし、年収の3分の1はあくまでも総量規制の中でも最大の借り幅ですので、勤務年数が短いなどの場合は審査が通らないこともあります。他のローンなどもある場合も通らない可能性は十分考えられます。

審査が通らないとお金は1円も借りることはできませんので、できるだけ限度額は低く設定をして審査を確実にクリアすることも大切になってきます。

お勧めの方法としては、大手のカードローンでは基本的に審査は何度でも受けることができますので、できるだけ多くの限度額を獲得したい方は、最初は年収の3分の1で審査を受けて、無理であれば徐々に下げていくという方法です。これであれば自分の最大の限度額を借りることができるのでお勧めの方法です。